【もっと私を見て】弱小ブロガーが検索流入を増やす方法をAIに聞きました。

当ページのリンクには広告が含まれています。
弱小ブロガーが検索流入を増やす方法をAIに聞きました。

30代会社員男性、弱小ブロガーのどすこい幕府です。

副業としてブログを始めて2年経ちました。

放置や記事の大量削除もあり、閲覧数が増えず1日のクリックも数回。

このブログまったく伸びていません。

自分のことですが、「どうにかならんの?」って本当に思います。

どうにかしたいので、「ブログ記事の検索流入を増やす」ということについて考えました。

この記事のテーマ
  • ブログ記事の検索流入を増やしたい。
目次

検索流入を増やす方法をAIに聞いた

ブログの検索流入を増やす方法をAIに聞いてみました。

ブログ記事の検索流入を増やすためにはどうしたらいいですか?

ブログの検索流入を増やすためには、の2つの方法があるそうです。

  • SEO対策
  • SNSでの拡散

この2つを実践しながら、
継続することが重要だと。

けど、SNSでの拡散って検索流入ではなくない?
検索エンジン経由してなくない?
と思ったんで、
今回はSEO対策に注目したいと思います。

SEO対策

SEO対策とは
検索エンジンに自らのサイトが検索結果の上位に表示されるように、コンテンツの最適化を図る施策。

具体的には、以下のようなポイントを対策します。

  • キーワード選定
  • タイトル・メタディスクリプションの最適化
  • コンテンツ内容の充実
  • 内部リンクの設置
  • 外部リンクの獲得

キーワード選定

キーワード選定とは
ターゲットとなるユーザーが検索するキーワードを調査し、記事内に適切にキーワードを入れるというもの。

検索ボリュームがそこそこあるキーワードで、検索結果の上位をとることが出来れば、検索流入が増えます。

ただ、私のような弱小雑記ブログでは、キーワード選定をしたところであまり検索流入は伸びません。

というより、検索数(検索ボリューム)がそこそこあるキーワードは大体、企業やつよつよドメインがもう既に上位をとってます。
勝てない。

キーワードを入れなければ!という使命感で書いてて面白くないし、ここに力を注ぐことはやめようと思いました。

ただ、時間に余裕があるなら、やらないよりはやった方が読まれる可能性が高まると思います。

キーワード選定がうまくできれば、検索流入は増える。

よっぽどいいキーワードを見つけないと、専門家たちに勝てない。

タイトル・メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプションとは
記事の概要を紹介する文章。
検索結果にちょろっと表示される説明文。

クリックしたくなるようなタイトル、検索者の知りたいことが書かれている説明文を設定しましょう。

タイトルは、ランキングや数字が入っていたり、感情を煽るようなものがいいと聞きますが、
ほんまにそうか?と。

過度に煽ってきて内容の薄い記事ほど腹が立つものはないでしょう。

タイトルで煽りすぎるのは注意が必要だと思います。

メタディスクリプションの最適化は理解できますが、設定しなくても検索エンジン側が自動でやってくれるので、そこまで必死にならんでもいい気はします。

クリックしたくなるタイトル、説明文をつける。

過度に煽ったタイトルはうざい。

コンテンツ内容の充実

コンテンツ内容、つまりブログの構成や記事の内容を充実させ、ユーザーの役に立つ情報を提供するというもの。

今回一番注目したいのがこの項目です。

どうやったって知識や説得力の部分では、専門家や企業には勝てない。
そしたらここで勝負するしかないんちゃう?と。

例えば企業が書けないような比較や、サービスを使用した際の感情を詰め込んだ記事なんかは、よく読まれるそうです。

よくある「~とは?」記事を量産するより、「~がわからんから〇〇」のような自分の経験を記事にする方がいいと思いました。

ただ、新しいことなんてそんなに頻繁に起きひん。

何もない日をどう乗り切るか?
みたいな部分はありそうです。

他の人が書けないこと、自分の経験などを書く。

そんな頻繁になにかを経験せん。

内部リンクの設置

内部リンクとは
サイト内のページをつなぐリンクのこと。

関連する記事同士を繋げることで、サイトやブログ全体の回遊性を高めることができます。

これはすごく簡単にできます。

この記事とこの記事関連するなーと思えば、そのリンクを設置するだけ。

ただ、問題点というか気になるポイントとして、昔書いた記事の内容を覚えていない。

内容を整理してエクセルとかに残しておけばやりやすいんかなーとか考えてます。

自分の関連記事につなげるだけで簡単。

昔書いた記事の内容なんて全部覚えてられへん。
何かしらの工夫が必要。

外部リンクの獲得

外部リンクとは
別のサイトのページにつなぐリンクのこと。

自分の書いた記事が、別のサイトやブログにリンクとして貼られると、別のサイトで参照されるほどの有益な情報として、検索エンジンからの評価が上がりやすいです。

基本的に自らどうこうできるものではないです。

外部からの被リンクが多ければ良いというわけでもなく、関連性の低いサイトなどでは逆に悪影響です。

被リンクを増やすためには、参照にしたくなるような質の高い記事を書き、自然なリンクを獲得しましょう。

被リンクが多いと検索エンジンからの評価が上がりやすい。

関連性の低いサイトからの被リンクは逆効果。
コンテンツの質を上げて自然なリンクを獲得しないといけない。

何をやって何を諦めるか

さすがに先ほど挙げたSEO対策のポイントを、ブログスタートから全部完璧にするのは難しい。

そもそもそんな都合のいいキーワードはすぐに見つからないし、被リンクが増えるまでにも時間がかかるでしょう。

なので、SEO対策のなにに力を入れて、どこを捨てるか考えました。

  • コンテンツ内容の充実
  • キーワード選定

キーワード選定に時間をかけることをやめて、コンテンツ内容を充実させることに時間を使った方がいいんではないかと。

「キーワード選定をするな!」と言っているわけではないんで注意してください。

まとめ

今回は、「ブログ記事の検索流入を増やす」ということについて考えました。

  • 検索流入を増やすためにはSEO対策の継続が重要
  • キーワード選定に時間をかけすぎない
  • コンテンツの内容を重視する

以上が「ブログ記事の検索流入を増やす」ことに繋がると考えられます。

これを実践して、このブログがどうにかなればいいですが、結果が出るまで続けれる根性はないかもしれません。

ありがとうございました。

TwitterとBlueskyもやってます。

人気ブログランキング登録しました。

人気ブログランキングでフォロー

ブログ村も登録しました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大阪出身、大阪育ちの30代会社員男性。
優しい奥さん、かわいい長男、生まれたばかりの長女の4人家族。
趣味の競馬やパチンコ・スロットなどのギャンブル、釣り、ゲーム、漫画、子育て、仕事の文句をメインに、ブログを書いています。
YouTubeとTwitchでゲーム配信もやってます。

コメント

コメントする

目次